沖縄らしさのこだわり

客室のイメージは「琉球モダン」です。

こだわり、と言うと格好良過ぎかもしれませんが備瀬の隠れ家的リゾートヴィラTOKUASAGIは私たちのわがままを詰め込んだ宿です。

ご宿泊頂けるお客様は「きっと私たちと同じ感覚なんだなぁ」ととても嬉しく思います。

屋根は全て天然の木を組んだ造りになっています。部屋の中でも森林浴!自然の木のぬくもりが心地よい「杉」を使用しています。最近では、木の板にそっくりなプリント合板が増えていますね。しかし、私たちの宿では客室の床、腰壁、天井に天然木の杉材を使用しています。天然木の床は柔らかく温かみがあるので、合板やタイルとは違って素足で過ごすととても気持ち良いのです。夏はべとつかずにひんやりと、冬は温かく。部屋中に広がる天然木の香りで心身共に癒されます。

続いて外観ですが、エントランスのヒンプン(門:目隠しの壁)には琉球石灰岩を使用しています。

屋根には紅色が鮮やかな沖縄瓦を敷き詰めました。

また、入り口に向かってシーサーも据え付け、このシーサーが常に建物を守ってくれています。

本部町備瀬のフクギ並木に佇むヴィラ

沖縄レンタカー 沖縄格安航空券